見積もりを取得

黄色レンガの壁

外壁塗装は、エクステリアのリフォーム工事として、よくおこなわれています。
外壁に新しい塗料を塗ることで、見た目はきれいになりますし、塗料によって水気がはじかれるようになるので、湿気による外壁内部の劣化を防ぐことができるようになります。
ただし、塗料の塗り方によって得られる効果の高さが違ってきます。
たとえば外壁をしっかり洗浄した上で塗れば、塗料はしっかりと壁に付着し、はがれにくくなります。
その分水気を弾く力も強く働きますし、その状態が長持ちします。
また、一度だけ塗るよりも二度三度と重ねて塗った方が、むらのない美しい仕上がりになります。
そのため外壁塗装を依頼する際には、そういった手順でおこなう業者を選ぶことが大事です。

外壁塗装は、基本的に外壁部分のみの塗装となります。
しかし建物のエクステリアには、外壁以外の部分も多くあります。
たとえば雨どいや破風板などですが、こういった部分も、外から建物を見た場合には目立ちます。
特に軒天という屋根の裏側部分は、下から建物を見上げた場合には必ず目に入ります。
外壁のみを塗装すると、外壁がきれいになった分、そういった付帯部分の汚れが一層目立つようになります。
そのためエクステリアのリフォーム工事では、外壁塗装だけでなく付帯部分の塗装も、しばしば一緒におこなわれます。
付帯部分は範囲がそれほど広くないため、塗装費用は比較的安価です。
それでいて、建物全体の見た目を良くする効果や、建物を一層丈夫にする効果が得られるため、メリットは多いと言えます。